【超便利】SIMカードサイズをnanoSIMに変更するために安い専用カッターを使う。

zenfon3はnanoSIMとSIMのデュアルになっている

スポンサーリンク




スマートフォンが新しくなりSIMカードのサイズが合わないという状況に出くわした際に店頭で変更もしくは電話、郵送等でSIMカードの変更をお願いしようと考えると思います。

ただし、au、ドコモ、ソフトバンクなら窓口での手続きが可能ですが、実店舗を持たない格安SIM業者もまだまだたくさんあり、電話・WEBからの手続きなどかなり手間も時間もかかるパターンが多いです。

さらには、変更手続きの再発行手数料(3,000円)などの費用が発生するケースがほとんどです。

【SIMカードサイズ変更における各社の手数料】

【本家携帯業者】
ドコモ(手数料2,000円)
au(手数料2,000円)
ソフトバンク(手数料3,000円)
【格安SIM業者】
みおふぉん(手数料2,000円)
楽天モバイル(手数料3,000円)
LINEモバイル(手数料3,000円)

こうやって調べると同じ契約のSIMをちょっと変更するだけで無駄にお金を取られるんですよね・・・。

紛失などで再発行するわけでなければむしろSIMカードのサイズを小さくするなら自分でやってしまう方が早いと思います。

そこで今回は私もSIMカードのサイズをnanoサイズに変更したかったので自分で大きさを変えてみることにしました。

スポンサーリンク

nanoSIMなどへ小さくするならSIMカッターを使うと簡単にサイズ変更できる

SIMサイズをカッターでnanoサイズに変更

最近のSIMカードはスマートフォンはnanoSIMが多くなってきており、SIMカードもしくはmicroSIMカードをnanoSIMに変更するパターンが多いと思います。

ということでアマゾンでも評価が高い「Aerb SIMカードカッター」というSIMカッターを購入しました。価格自体は900円以下なので窓口でSIMの交換をお願いするより安上がりですよね。

SIMカッター

色んなサイズのSIM変換アダプタも付属しているので親切ですね。またカットの後のヤスリもついてますのでちょっと金属部分がはみ出したり曲がったりした場合は削って調整できます。

SIMカッターはチャンスは一度きりだけども思い切りが大事

失敗したら結局、契約中の窓口へ連絡をして再発行する必要があるので「慎重にカットをしないと」とは思うのですが、結構レビューを見ると「思い切りやるのが良い」という口コミが多いですね。

↓ただこのSIMカッターは説明書がなく、箱に書いてあるこの説明だけです。正直見ても良く分かりませんでした笑

↓この金属のカバーに手持ちのSIMを入れてカッターへ差し込みます

↓ここの位置でしっかりとずれていないか確認します。ちょっとずれているようにも見えますが、金属カバーがずれていなければ問題ありません。

↓カットは思い切り押し出す感じで!SIMカードは結構硬いので思い切り力を入れて一気にやります。中途半端な力の入れ具合だとSIMの側面が曲がってしまうので思い切りが大事です。

↓見事にきれいにカットできました。まだこの時点ではnanoサイズになったこのSIMカードがしっかりと動作するかは分からないです。よく見るとかなりずれいているようにも見えますが、これが普通なようです。

実際にnanoサイズとしてSIMトレイに入るのかチェック

切り取れましたが、このサイズがしっかりとスマホ側のSIMトレイに収まるかを早速チェックします。

↓【カット前】 これでは左側のnanoSIM用のトレイに入れられません。

↓【カット後】nano用のSIMトレイにきれいに収まりました。

このSIMカッターは精度がしっかりしていると思います。nanoサイズ用のトレイに数ミリ単位でしっかりはまっています。

早速スマートフォンでしっかりと認識するかチェックしています。

↓カットして初めて差し込んだSIMが【SIM2】となっていてしっかりと利用可能となっていますね!

私は格安SIMを楽天モバイル・ニフモと2契約していて、スマートフォンも2台用所持し仕事用とプライベート用で分けていました。

そして新たに購入した「Zenfone3」では2つのSIMを同時に入れてどちらも電話を受けることも通信をすることもできるので、1台で済むならと思い手に入れました。

ただしこのZenfone3は片方がマイクロSIMサイズ、もう一つがnanoSIMでないと使えない仕様だっためどちらかをnanoSIMにする必要がありました。

↓これでもともと入っていたSIMと今回カットしたSIMどちらも問題なく認識しています。

しっかりとSIMを認識しました

結構拍子抜けしました。全然うまくいきましたね。でも失敗している人も僅かながらいるようなのでSIMカッターへ差し込みをするときだけは注意しなければならないと思います。

これで再発行もしくは交換用の事務手数料を払わなくてすみました(^^)

もちろんSIMアダプタがあるのでLTE用のパソコンや他のSIMカードサイズでの利用も問題なし

SIMカードは一番小さいnanoSIMであれば↓のような変換アダプタでマイクロサイズでも一番大きいサイズでもいけます。

SIMサイズの変換アダプタ
SIMカードの場合はSIM変換アダプタで大きいサイズにはいつでも調整ができるので、小さいほうが都合がいいことが多いです。SIMカードの場合は小が大を兼ねるんですね笑

大きいサイズへの変更はこのアダプタを用意すれば問題ないと思います。300円以下なのでめっちゃ安いです。

SIM変換アダプタ3点セット(amazon)

今回実際にやってみたSIMカッターは私も正直早くやればよかったなと思えましたし、これでスマホ1台で複数の電話番号を持てるようになったので非常に快適になりました。

スポンサーリンク




応援ランキングぽちいただけると嬉しいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です