11インチ格安ノートPCのX205TAとStream 11のスペック比較を書いてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

このサイトに結構HP Stream 11の記事関連でアクセスが多いのでおそらく低予算でのパソコンを購入しようと考えている方は多いと思います。

そして比較対象となる価格コムで人気の『X205TA』とのスペックやメリット、デメリットなど用途などを簡単に比較してみました。

 asus X205TAhp stream 11
デザインta205s-DSC03437
価格¥31,000(税込)
※価格変動あり
¥27,864(税込)
ディスプレイ11.6インチ
(1,366×768)
11.6インチ
(1,366×768)
液晶光沢非光沢
CPUAtom Z3735F
1.33GHz
4コア
Celeron N2840
2.16GHz
2コア
メモリ2GB2GB
ストレージ64GB32GB
オンラインストレージ500GB
※2年間
100GB
※2年間
無線LANIEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n
重量0.98kg1.26kg
ACアダプタ重量130g210g
バッテリー11.6時間8.5時間
USBUSB2.0×2USB2.0×1
USB3.0×1
SDスロットmicroSDSD
Bluetoothありあり
外部接続microHDMIHDMI
販売店代理店
価格コムで販売中
公式HPのみ

それぞれほぼ同価格帯ではありますが、それぞれに良い点と悪い点もあります。こればかりは人それぞれの利用のシーンを想定して当てはめるしかないですね。どちらも魅力的ではあります。

hp stream11については実際にを使ってみたレビュー記事を書いています。

スポンサーリンク

 

それぞれの機種のメリット&デメリットは?

X205TAとstream11のスペックを見たうえで、実際の利用で想定されるメリットとデメリットをまとめました。

X205TAのメリット&デメリット
ta205
【メリット】
・軽量で持ち運びに最適
・長時間のバッテリーで半日は充電が必要ない
・ストレージ容量が多い
・比較的混線しない無線IEEE802.11a対応
【デメリット】
・接続端子がmicro端子ばかりのため拡張性が悪い
・USB3.0端子はない
stream11のメリット&デメリット
hp1oo
【メリット】
・価格が安い
・液晶が非光沢
・外部接続がフルサイズ端子
【デメリット】
・ストレージ容量が少ない
・重量が重い
・バッテリーが少し短い

という感じです。

出先へ持ち運びの頻度が多いということであればX205TAが軽量&長時間バッテリーで最適です。

外付けHDDやデジカメのSDカード、USB端子など外部接続の取り回しを考えればstream11が拡張性が高く最適です。

また、CPUやグラフィック処理能力についてはほぼ同等のスペックなのであまり気にする必要はありません。コア数が多いX205TAが多少なりとも複数のタスク処理には向いているかもしれません。

価格に関してはどちらも3万円台で購入できるPCとしては優秀なスペックだと感じます。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ついーと

ページ上部へ戻る