wimaxの利用検討でおすすめのキャンペーン一覧

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

私も2年前からwimaxのサービスを利用し、カフェや自宅いろんなところで接続を行い活用しています。(現在、東京都調布市在中)

⇒ WIMAX大容量データ通信のギガ放題プランの比較 (関連記事)

もちろん契約前にwimaxのどのプロバイダ会社やキャンペーンに申し込みするか念入りに調べていましたので、間違いなく安い、そして電気屋さんやauショップなどでは行っていない得するWIMAXのキャンペーン一覧を集めました。

本家より安く特典ももらえるwimaxのキャンペーン一覧

【とくとくBB】

shhj
¥3,609/月

【特典】
最大33,000円キャッシュバック

mmnf

【とくとくBB】

wimaxの月額を安くしたプラン
¥3,609/月

【特典】
月額料金が非常に安いキャンペーン

mmnf

【ニフティ】

sgh
¥3,670/月

【特典】
最大20,000円キャッシュバック
※口座振替対応

mmnf

【ソネット】

sonet
¥3,695/月

【特典】
20,000円キャッシュバック

mmnf

【ビッグローブ】
kjy
¥3,695月

【特典】
20,000円キャッシュバック

※口座振替対応

mmnf

とくとくBBは月額料金が一番安くキャンペーンも豊富にあります。キャッシュバックが高額だったり、月額料金そのものが安いキャンペーンもあり好みの特典で選ぶことができます。

また、支払い方法でクレジットカード以外を利用したい場合は、

ニフティが特典ももらえるのでおすすめのキャンペーンです。

ソネットはある特定の端末限定で月額が安いキャンペーンを行っていますが、So-net会員費の200円がかかり結果的にとくとくBBが安いです。ただし、セキュリティサービスなどが充実しているので安心感が欲しい方はおすすめできます。

ビッグローブはキャッシュバックもしくはすぐに受け取りが開始できるポイントどちらかを選ぶことができます。

※初期費用は上記のプロバイダは3,000円の事務手数料だけでOKです。

 

※↓『下記の広告や価格comには注意』

たまに↓下記のような広告を見かけますが、

vga

これは月額が安く感じますが、初期費用が2万円ほどかかるという
なんともカラクリ的なものがあるので注意です。

また、「価格comの初年度費用は実質」っていう非常に安く見せているキャンペーンもありますが、

wimax自体2年契約前提なので実質という文言を鵜呑みにしないように気をつけてください。

価格comのキャンペーンでも実際毎月払うのは3千円~4千円ですので、注意です。

 

実際に2千円台で利用できる格安モバイル回線はワイモバイル回線です。

ただし、月内のデータ通信量が7GB~10GBまでと制限がかかっているので、

それで問題なければワイモバイルもおすすめできます。

⇒ ワイモバイル2千円台で利用できるプランの一覧

 

2月20日からwimaxの料金が値上げする

先日のwimaxの新たな料金発表で、wimax2+のデータ無制限プランが、

従来より料金が高くなるというので検討している方はちょっと急いだほうがいいかもしれません。

wimax2+の3,696円で無制限だったプランが2月20日より4,380円に値上げします。

wimaxgiga

内容としては以前まで使えていたデータ無制限のプランが値上げし、

現状のプランがデータ制限が7GBまでになってしまいます。

自宅や外出先でバリバリ通信をしようと考えて居る方は、

2月19日までに申し込みをすると現状の料金で2年間は制限なしでwimax2+を使えます。

 

wimax端末は3つの回線が使えるHWD15がおすすめ

s-DSC03373
↑現在、外出先で利用している『HWD15』↑

それにしても私が使っているこのHWD15については今出ているwimax端末でも

一番バッテリーが長持ちします。そしてLTEも従来の制限がないwimaxも使えます。

これもwimax2+は私の場合LTE回線を使わない限りは2年間は無制限で使えます。

  • wimax
  • wimax2+
  • auの4GLTE(※利用月に追加料金発生)

この3つの回線を選んで使えるのはこの端末だけです。

端末で悩んでいるのなら私が利用している『HWD15』が良いですが、現在は販売を終了しており、アマゾンやオークションなどで手に入れるしかありません。

もちろん別端末で利用していたWIMAXのICカードを差し替えて動作したという報告がありますので、WIMAXを最新のモバイルルーターで契約をして後ほどHWD15を用意し、差し替えて利用するという手もありだとは思います。※ただし自己責任でお願いします。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ついーと

ページ上部へ戻る