小ネタになる『プロフェッショナル仕事の流儀』アプリが面白い

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

NHKで放送されている『プロフェッショナル仕事の流儀』という番組がありますが、その映像を簡単に再現できるスマートフォンアプリが登場していたようなのでちょっと遊びで撮影をしてみました。

撮影に協力してくれたのは、日中限らず、さまざまなシーンでガサガサ動いているこの方です↓

うさぎのマカロン

うちの専属タレントのマカロン君です。普段はしゃべらないので今回のインタビューで話が聞けるかもです。

スポンサーリンク

完成したインタビュームービー

さすがにインタービューでは何も語ってはくれませんでしたけどね。

NHKというロゴから始まり、スガシカオの音楽に乗せてカットを合わせて簡単に作成できる動画です。

プロフェッショナル仕事の流儀というテレビで見る映像とそっくりのムービーを作成できます。動画は1分程度の撮影をするだけです。すごく簡単。

『プロフェッショナル仕事の流儀』の作り方の流れ

s-IMG_4497

①インストールしたアプリを立ち上げると上記の画面が出るので「ムービーを作る」を選択する

s-IMG_4498

②オープニングでは肩書き・名前・年齢を入力します。友人などを使う場合は肩書きをちょっと面白くするといいかもしれないですね。

s-IMG_4499

③次に早速最初のカットとなる映像を撮影します。15秒の撮影時間です。ここで「カメラで撮影する」を押します。

s-IMG_4514

④動画撮影画面で枠が表示されるのでその枠に対象が収まるように撮影します。また、ボタンを押している間に撮影がされますので、録画ボタンを離していろんな角度からのカットを入れるとそれっぽい感じになるのでおすすめです。

s-IMG_4501

⑤撮影した映像が問題なければ「次へ」を選びます。取り直したいときは「撮り直す」を選びます。

s-IMG_4502

⑥次は11秒間のインタビューシーンです。ここで大体の人はネタに走ると思います。ココでは完成時にスガシカオの音楽が小さくなり動画で撮影したトークがピックアップされるので動きだけではなくトークも入れていきます。

※ちなみにうちのタレント(うさぎ)からは何もインタビューを聴取できませんでした。

s-IMG_4504

⑦この11秒間の撮影シーンも問題なければ「次へ」を押します。

s-IMG_4505

⑧最後にエンディングのテーマについて入力します。ここは11秒間のインタビュー枠で聴取した内容を入れるか、それ自体を面白く変換するか色々センスが問われるかもしれませんね。

s-IMG_4506

⑨最後にムービーの生成をして仕上がった動画を保存すればスマホのメディア側に保存されます。

こんな感じですごく簡単にプロフェッショナル仕事の流儀のムービーが完成します。友達との交流や今後は結婚式のムービーとかでも使われそうですね。ネタとして、しばらく話題になりそうなアプリです。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀 公式サイト

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ついーと

ページ上部へ戻る